August 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

稽古な日常2

はい、できた!

 

 

何ができたかは劇場で!

 

とよた演劇祭『空の舞台』

演劇祭ブログも各団体更新中!

 

ご予約お待ちしてます!

 

 

 

 

そんなわけで、ブラジル!!!

『空の舞台』にご出演いただける、クリスティーナさんはブラジルご出身。


ブラジルはもちろん南米大陸にあります。

国土は日本の22.5倍!広い!でかい!

 

 

ブラジルの国旗。

緑の大地と、黄色は金や鉱物を表しているのだそう。

ブラジルは資源豊かな国なのです。

中央に書かれた「ORDEM e PROGESSO」とは、「秩序と進歩」という意味。

 

コルコバードの丘になる巨大なキリスト像からみたリオデジャネイロ

まもなくオリンピックが開催!

 

同じくリオデジャネイロにある、世界的に有名なビーチ・コバカバーナ

 

ブラジルはさまざまな人種が暮らす国。

それゆえか、差別や偏見が少ない国といわれています。

とよた演劇祭「空の舞台」の2週間後には、リオ五輪がはじまるよ!

 

 


もちろん稽古もしています。クリスティーナ奮闘中!

 

チケットのご予約はコチラから!⇒http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=74145

 

ボサノヴァ気分でお待ちしてます。

 

『空の舞台』客演のご紹介

今回のとよた演劇祭『空の舞台』

劇団3は、お二人の客演をお迎えしてます。

 

まずはお一人目!

 

 

斉藤じゅんこさんです。

わたしたちからみれば、とてつもなく大先輩のじゅんこさん。

名古屋を中心にご活躍中です。

芝居に取り組む姿勢には、頭の下がることばかり。

とっても勉強させていただいてます。

 

 

そしてお二人目!

 

クリスティーナさんです!

ブラジル人のクリスは、現在豊田市で生活中。

今回ご縁があってご出演いただけることになりました。

クリスにとっては初めての舞台。

いいお芝居にしなくっちゃ。

 

チケットは残り少なくなってきております!

ご予約はお早めに!

24日(日)は、まだ比較的余裕がございます。

 

 

稽古な日常

 

ひとりで稽古してるわけじゃないよ。

 

 

みんなで稽古してるんだよ。

 

 

暑いので、稽古帰りにグビーッと一杯。

 

さあ明日は長稽古だー。

がんばるぞー!

 

 

とよた演劇祭「空の舞台」詳細 その2

とよた演劇祭『空の舞台』

劇団3は下記の作品を上演します!

 

子どもたちの子どもたちの子どもたちへ

「子どもたちの子どもたちの子どもたちへ」というのは、イギリスのロックバンド、ムーディ・ブルースが1969年に発表したアルバムのタイトルです。日本ではピチカートファイブが、このタイトルの曲を発表しています。子どもたちの子どもたちのこどもたちといえば、いまから100年後ぐらい。その未来に、わたしたちはいったいなにを残すことができるのでしょうか。

 

作/演出: どうまえなおこ

出演: 斉藤じゅんこ 森田梓 田中郁子 クリスティーナ

音楽: Chikayo

照明: 稲葉収冶

音響: Misae

制作: 麦田雅代 荒木慧

 

なぁんと今回は、素晴らしい客演を2名おむかえしてます!

名古屋でご活躍の大大ベテラン斉藤じゅんこさんと

探し求めていたブラジルの女性!クリスティーナさんです!

ものすごーく幅広い役者陣となりました。

そして音楽は、すでに劇団3にはかかせないピアニストChikayoさんに

今回もお願いしてます。

さてさて、どんな世界ができますことか!

どうぞお楽しみに。

 

チケットはコリッチから⇒http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=74145

 

 

 

<<back|<1234567>|next>>
pagetop